【パラグライダー初体験!】タンデムと体験どっち?刺激が欲しけりゃ空を飛ぶのだ。

パラグライダーがしたい。

昔々、パラグライダーの体験に申し込んで、近くの宿まで手配したのに、当日雨天欠航…

今年の夏はパンデミックの影響で、帰省の飛行機も泣く泣くキャンセルしたので、
(JAL様にキャンセル料を寄付いたしました涙!)

何かやりたいんだ!

刺激がほしいんだ!!!

なのだ!!!

ということで 夫婦で飛んで参りました。

スポーツの秋、ぜひトライあれ!

完全にギャグです。
目次

初のパラグライダーはタンデムか?浮遊体験か?

「タンデム」とか「体験」とか記載してあるけど、これってなんぞや?
と思いますよね。

違いは、こんな感じです。

  • タンデム;プロの人と2人乗りで空飛ぶ
  • 体験:自分で走ってパラグライダーを浮かせて、飛ぶ体験を味わう

パラグライダーのタンデムとはなんぞや?

パラグライダーのタンデムフライトとは、プロのお兄さんに身と心を預け、基本的には何も努力せずに空を飛ぶことができる、
オイシイとこ取りのフライトのことです。

努力せずに鳥になれます。

しかも、いきなり超高いところから飛ぶことができるので、パンデミックで旅行もできず、刺激が足りない!っていうレイジーな刺激中毒の方におすすめです。

ままどん

もちろんレイジーで刺激中毒なままどんはタンデムにしましたよ。

  • 超高いところから飛べる
  • 鳥になった気分
  • 超気持ちいい
  • 努力も筋肉も必要なく飛べる
  • 高すぎて怖すぎる(飛ぶまで)
  • 飛んでる時間は短い
  • お値段が張る

パラグライダー(浮遊)体験とはなんぞや?

パラグライダーの浮遊体験とか、体験、と記載されているものは、コツを教えてもらい、自分でパラグライダーを身につけ、走ってパラグライダーを浮遊させる、

努力して浮遊体験を楽しめる。
という達成型のフライトです。

自分の力で成功を勝ち取りたいタイプの方におすすめです。(おおげさ)

  • 自分で飛んだ!感がある
  • ふわっと浮いた感じが最高(らしい)
  • 練習時間を含めると1日中楽しめる
  • 資格とか取るにはよいスタート
  • お手頃価格で試せる
  • 高い場所からは飛べないので、鳥のようなキモチにはなれない
  • ちょっと上手になると物足りない
  • 努力と体力が必要

パラグライダーのタンデム体験の持ち物

持ち物はこんな感じです。
忘れても、購入できたり、借りれたりすることが多いのでそこまで心配しなくて大丈夫です。

  • 軍手
  • 長袖・長ズボン
  • カメラ・iPhone
  • 運動靴

パラグライダー飛ぶまでの流れ

パラグライダー飛ぶまでの流れはどんなもんよ?ってドキドキだったので、ご参考にしてください。

ちなみに、フライト時間5分とかいてあったので、え、短くない?!

と心配だったのですが、超大満足の内容でした!

STEP
受付(10分くらい)

怪我しても文句ありません!みたいな書類にサインさせられます
(飛ぶ系のアクティビティーは大体こーゆー書類書きます)

お会計は現金ONLYでした。)

STEP
登る(5分くらい)

山道を、なんとトラックの荷台で移動します。
この時点で結構高くてビビる

STEP
さらに登る(15分くらい)

さらに、林業の方が使うみたいな謎のリフトで登頂します。
ガタガタ揺れるのと、コレ、だいじょうぶ!?
のキモチが高まり、相当ビビります。

STEP
機材の準備・装着(10分くらい) & ゆったり (15分くらい)

写真で見るよりかなり高い!
怖い!
一緒に飛んでくれる(身も心も預ける)お兄さんが、機材を準備してくれます。

え、こんな布切れで飛べるの!?と、ますますビビります。

簡単な説明を受けて、いざ、出陣!

STEP
フライト

(お兄さんが)風を読んだら、いいタイミングで走って走って、パラグライダーを開き、飛びます。

ぶっちゃけお兄さんが全部やってくれるので、ぼーっとしてても飛べます。
飛んじゃえば後は最高の絶景を楽しむのみ!!!

むっちゃきもちいーーーーー!!

STEP
着陸

着陸も、お兄さんが全面的にやってくれるので、特にやることありません。
安全に着陸しました。いやー最高でしたね、

そして断捨離の一環で、長袖服はいらないやつ持って行って捨てて帰りました!

GoodBye古い服。

パラグライダーの気になるお値段おいくら?

でも、空飛ぶなんて、お高いんでしょ〜?

と、お悩みの皆さん。
まぁまぁ高いです。でも、ドキドキと刺激と高揚感を差し引いたら安いもの。
(&絶対またやりたい!)

パラグライダー|タンデム体験のお値段

タンデム体験のお値段相場は、9,000円〜14,000円くらいです。
プラス保険料で1,000円くらい.

時間的には1時間くらい。
飛んでる時間は5分くらいと記載されていましたが、もう少し長かった気がします。

ままどんが体験したところは、日光の近くにあるで、
体験料10,000円+保険料1,000円=11,000円/人でした。

別料金でGoProも借りれたよ!(借りればよかった)

パラグライダー|浮遊体験のお値段

浮遊体験のお値段は、場所やら時間などによってもピンキリなのですが、4,000円〜7,000円くらいが相場です。

時間的には、半日コースや1日コースがあります。
1日がかりのアクティビティーとしても楽しめます。

【番外編】勝手に飛ぶ場合は激安

超驚いたのですが、免許取得して、勝手に飛ぶ場合は、上まで登るリフト(といっても林業の人が乗るやつみたいなやつ)代だけでいいんですって。

驚くなかれ。
1回700円。とかゆってました。


ホンマかいな!

ままどん

さすがにそれは、価格設定ミスでは…!
そして、老後の趣味に最高なのでは。。。!


しかも、超ベテランさんとかだと、2〜3時間浮いて全然帰ってこないのザラなんだそうです。

パラグライダーは何歳からできる?

気になる子どもは何歳からできるんでしょうか?
スカイダイビングとかは、16歳とか18歳とか結構大きくならないと体験できないんですよね。

パラグライダーは4歳から体験できる!

なんと、私が参加したパラグライダー教室では、4歳からタンデム体験できるそうです!!

ほんとかな?!超怖かったけど。

というか、飛ぶ時よりも登る時の方が怖かったです。

今回はBOYS置いていきましたが、

4歳次男くん

やりたかったーー!次は絶対やるーーーー!

6歳長男くん

絶対にやりたくないーーー!下で待ってるーーーー!

と、これまた個性的なご回答をいただきました。

うーん、家族で行ったら楽しそうだけど、びびりの長男を説得するのは難しそうです。

パラグライダーは老後も楽しめる!

パラグライダースクールには、多くのおじいさまたちが、フライトしに来ていました。
中には、70歳近い方も!

皆さんライセンスを持っているそうで、毎日のようにビュンビュン飛んでいるそうです!

スクールの方も、
自分で機材を持てるうちは基本的に何歳でも飛べますよ〜!

とおっしゃっていました。
え、老後の趣味に最高じゃん。

ままどん

タンデムなら体力使わないから、母世代でも余裕で体験できそうです!

まとめ【パラグライダー初体験!】タンデムと体験どっち?刺激が欲しけりゃ空を飛ぶのだ。

いやー、とにかく最高でした。
悩んでいるなら一度体験してみてほしい!!

瞑想状態にはいれるというか(ずっと叫んでたけど)

景色は綺麗だし、高いところの高揚感半端ないし、

人間って、ちっぽけだけど、こんな布で飛べるなんてなんて偉大なんだろう。
とか、
世界って広いんだなぁ、

とか、思える瞑想感あふれる体験でした。

  • 刺激が欲しくて
  • 努力せずに
  • 鳥になりたい人

タンデム体験がおすすめです♪

  • 長い時間楽しみたくて
  • 汗を流して
  • 努力の末何かを成し遂げた感が欲しい人


は、浮遊体験を予約してみましょう。

老後の趣味に、ライセンス取得してフライト楽しむのもとっても楽しそう!
ライセンスさえ持ってればお金もかからないので、刺激的で超お得な趣味になりますね。


老後の夢は広がるばかり…。。

ご参考になれば幸いです♪

今回はではなく、で予約したのですが、パパどんが適当に予約してしまったため、お得なクーポン利用せずに購入してしまいました。

ままどん

悔しいーー!

じゃらんでお得に予約したい方は、クーポンGETしてから予約してね。

今回体験したパラグライダースクールはここ


子連れのシュノーケルも最高だったので、シュノーケル考えている方はこちらもご覧あれ。

刺激中毒の仲間の皆さんが刺激に満たされた、素敵なママライフを送れますように♪

悩んでる人はこれ読むべし。(しつこく勧める本。w

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる